白髪の悩みに対する対応策

40歳を過ぎたあたりから、白髪が1本増え、2本増え、何年少しずつ増えてくる白髪は悩みの種ですよね。

最近は、あえて白髪にする有名人も増えていますが、白髪でも素敵に見えるようなファッションや肌の質感がきちんとできているから素敵にみえるのです。

一般人が突然白髪にすると、やはり老けたという印象が先行してしまいます。

ボタニカルエアカラーフォーム

特にチラホラではじめた白髪は余計に疲れた感じになってしまいますよね。

そこで、私がおすすめるのが、美容室での手入れと、カラートリートメントの合わせ技です。

白髪を隠そうとカラーリングをしても、本当に綺麗な状態で保てるのは1週間から2週間がいいところ。
それ以降はたちまち根本から白髪が現れてきます。

でも、そんなに頻繁にカラーリングをしていては、頭皮のダメージも大きくなってしまうので、そんな時にカラートリートメントをおすすめします。

私の場合は、カラーリングを2ヶ月に一度、その間の根本に見えてきた白髪はカラートリートメントでなんとか乗り切っています。

カラートリートメントで白髪に色がつきますので、白髪がそんなに目立つことなく過ごせ、白髪が見えているストレスから解放されますよ!

カラートリートメントは、伸びてきた根本の白髪につけるだけなので、手間暇がそんなにかからないのもポイントです。
カラートリートメントの中でも、比較的よく色がのるルプルプが特におすすめ。

その後、美容室でカラーをする時にも支障にならず綺麗に染まっています。

もし、カラーリングの間の期間を憂鬱に過ごしている方がいらっしゃいましたら、ぜひ試してみてください。

ぺたんこ白髪との格闘

40前にちらほらし始めた私の白髪は、もうすでに全体の3分の2を占めるようになってきました。そして恐ろしいことに、密度も減ってきて、何もケアしなければ、ぺたんこ白髪というひどい有様でもあります。今は3週間に一度、ヘナ染めをしてもらっていますが、このコロナ禍の中、いつお店が閉まってもおかしくはありません。

ボタニカルエアカラーフォーム

100パーセントヘナでマッサージしてもらってるからこそ、次の染め日までなんとか、よっこらしょと髪も持ち上がってくれていますが、ヘナ染めがなくなったら、自力でどうしたら良いのだろうと途方に暮れます。私の世代は、「グレーヘアー」に踏み込む人もいるようですが、私にはおばあさんにしか見えず、どうしても染めることをあきらめられません。今では自宅で染められると言うふれこみの商品もあるようですが、どれを試しても今ひとつの仕上がりだし、下手に染めると次のヘナ染めが上手く入らないしで、自宅染めは諦めています。

テレビでよく同世代の女性犯罪者が、捕まってひと月も経つと、真っ白な髪になっているのを目にしますが、あれを見るたびに「犯罪者にだけはならないでおこう」と震え上がります。品行方正になるのは良いけれど、とにかく毎回染めなくてもふさふさした良い髪色になりたいものです。

若くして白髪が多い

私は、埼玉県在住の28歳男性です。

今回は白髪が多いことによる困りごとを紹介させていただきます。

困りごとは大きく分けて下記の3つです。

・白髪があることをいろんな方から指摘される

・年齢相応に見られにくい

・白髪染めをしなければならない
ボタニカルエアカラーフォームって染まるの?!私の本音口コミを暴露します!

まず、【白髪があることをいろんな方から指摘される】についてですが、指摘された際の返答に困ります。

久しぶりに会った知人や初見の美容師さんに「白髪が多いね」と言われた際に返答に困ります。やり取り自体に意義が見いだせず、不毛なやり取りで終わります。

次に【年齢相応に見られにくい】についてです。

人によっては白髪=老けているといった印象を受けると思います。

そのため、初見で合う方には「老けているな」と思われているかもしれません。

第一印象では損しているなと感じます。。。

最後に【白髪染めをしなければならない】についてですが、今現在は染めることをしていません。

白髪染めをしていた時期もありましたが、結果的にまた白髪が増えてくるので辞めました。即効性はあるのでいいですが。。。

上記のような困りごとは多々ありますが、現時点での私の答えは「ハゲるよりはマシ」ということです。

以上が私の「白髪の悩み」となります。

髪が多くて硬く、直毛

私の髪は、多くて直毛です。何もしなくてもストレートになるので、スタイリングが簡単といえば簡単なのですが、逆にアレンジしようと思うと少し厄介です。直毛に加えて、硬い髪質なので、アイロンなどで朝にスタイリングしても、そのうちすぐ戻ってしまいます。

ボタニカルエアカラーフォームはマツキヨやドンキなどで購入可能?私の口コミをこっそりご報告!

かといって、クセをつけるために何度もアイロンを繰り返すと、髪の毛が傷んでしまいます。

美容室ではきれいにやってもらえるので、技術の差もあるのだと思いますが、なかなかヘアスタイルを保つのが難しいです。

また、まとめ髪をするときにも大変です。一つに結ぶ場合、毛量が多いのでゴムで結ぶときに苦労します。しっかりとぎゅっと結ばないと、すぐ緩んでしまうからです。ゴムを引っ張りすぎて切ってしまうことがよくあります。

アレンジがしづらいことで、億劫になってしまい、いつも髪の毛をそのまま下ろしていることが多いです。これでは、いつも同じ印象の髪形になってしまいますね。さらに、毛量が多いことで、頭皮や内側の髪の毛にドライヤーの風が当たりづらく、髪を乾かすときに時間がかかってしまいます。しっかり乾かさずにいると、匂いやダメージの元になるので、根気よく乾かしていますが、毎日のことだとなかなか面倒に感じます。

「若白髪」に悩む若者たち

昨今の社会は若者に強いストレスを与えるのでしょうか。ネット等を通して他人へ気軽に悪意を与えられるようになってしまった現代では、若白髪に悩む人々が増えていると感じます。私もその中の一人です。

まだ大学生だというのに、頭髪にちらほらと白い髪の毛が散見され、友人には顔を合わせる度に「苦労してるんだね」と言われてしまう。いっそのこと全ての髪が白ければ諦めがつくのに中途半端だから苦しんでしまう。

ボタニカルエアカラーフォームを購入

しかし、そんな憎らしい若白髪を解決する方法がない、というわけではありませんでした。若者にとって頼りになるキーアイテムが『白髪染め』。最近ではシャンプーとして毎日使いつつ自然と艶のある黒髪を取り戻すことのできるようなものもあり、安価で手に入れられるようになってきました。直接店舗に出向くのが億劫でも通販を使えば即日配達だってしてくれますし、なんだかんだ若白髪からの抜け道はあるのだと実感しました。

今も白髪に悩む学生や新社会人の方がいれば、まず間違いなく白髪染めを勧めています。なんだかあやしい、と思っても、まずは「お試しで一回だけ」。白髪を打破するには、そんなマインドが重要なのではと考えられます。悩む人々に白髪染めで簡単ケアをして、どんどん明るい笑顔を見せてもらいたいものですよね。

老化だけではない白髪になってしまう原因

最近では白髪を染めないでグレースヘアで、アラフォー後半以降の生活を謳歌している方も見受けられます。しかし、これまでの世の中の風潮から、白髪は老化のサインだという概念があり、少しでも若く見られたい、若い風貌でありたいと思い白髪染めをする人の方が圧倒的に多いことと思います。

ボタニカルエアカラーフォームの感想

そういう私もそのうちの一人なのですが、アラフォー後半の今、3年ほど前から白髪染めが欠かせなくなりました。これが老化なのか、と自分の老化を認めなくてはいけないのか、と渋々思っていた時に、白髪になる原因が老化以外にもあることを知りました。

その原因とは、貧血です。私は遺伝的なものですが、二年に一度は増血剤で治療をするほどの鉄欠乏性貧血です。どうやらこれも私の白髪を増やしている原因になっている可能性がある、と思い、増血剤で治療をしないけれど、貧血が疑わしいようなふらつきがある時などは鉄分が含まれた栄養ドリンクを飲んだり、食事に気をつけたりするようにしました。

もちろん、それだけで全ての白髪が元通りになる、ということはありませんが、白髪が増える速度がダウンしたと、白髪染めをしてくれる娘が気付きました。老化だけが原因ではないので、貧血が疑わしい方は、そちらの治療をしてみることをお勧めします。