疲れたときのラジオはやさしいストレス解消です

1日の仕事を終えてやっと帰宅すると「疲れた」「もうお風呂に入るのも嫌だ」「ごはんなんて作りたくもない」などというくらいにくたくたになってしまった、と感じることがあります。

職場での人間関係や仕事の量の多さなどストレスが蓄積される要因はたくさんありますね。どこかでホッとできる時間がもてることや気分転換ができると疲れに対する感じ方も違ってくると思いますが、仕事中のストレス解消はなかなか実現しにくいのが現状だと思います。

http://congresoautocuidado.com/

私は、ラジオを聞くようにしています。家事を行いながら聞き流すこともできますので、料理をしなければならないのにストレス解消のための時間を取られてしまう、という罪悪感がありません。

そして、毎日聞いていると放送時間の目安がおおよそわかってくるので、何時までにこの料理を作りたいとか洗濯物をたたんでしまいたい、と目安をつけて家事を進めることもできるのがメリット。

この時間までに終わった!と思えると、ストレスがより軽減できて便利なんです。

ラジオのパーソナリティーさんの会話が弾んでいて一緒に笑ったり、音楽を聞きながら歌うこともありますのでストレスの発散ができるのでうれしい効果です。

また、リスナーとしてメールを送った時、それがパーソナリティーさんに読んでもらえるとわくわくと心が弾みます。
ラジオは忙しい時間を一緒に過ごしながらストレス解消できる、楽しい方法です。

レジスタンスでストレス解消

マイペースでレジスタンストレーニングを続けている日々。
これがなかなか、思っている以上にストレス解消にもなっていい。

http://www.ravizzabrownfield.com/

とくに在宅ワークが中心的な私のような働き方をしている人間には、座りっぱなしの不健康状態を改善するためにもトレーニングは役立つ。
主にレジスタンスはコアトレがメイン。

毒を以て毒を制す作用のようなものが働くのが分かり、取り組み始めはエネルギーが低迷していても、セット数をこなしていくうちにふっとスイッチが入ってくるというか、一種のギアチェンジみたいな現象が起こる。徐々に確実に、少なくともやり始めよりはかなりやる気スイッチが入るという・・・これは筋トレあるあるの、不思議の一つなんだと思う。

今日もそんないつもの不思議やる気ギアチェン現象が起きている手ごたえを実感しながら、コアトレを終えてスッキリ^^
何かと相次いで立て込む急用でスケジュールが忙しかったりで、感じていたイライラもコアトレしていくうちに解消されていくのが分かった。
ひと通りセットを終えると、やっぱりスカッとした爽快感に満たされた。

仕事や立て込む避けられない用事をはじめ、年内でもスケジュールパンパンの繁忙期を迎えている今。
こういうときはマイペースで、頻度を落としているなりに余裕を持ちながら、焦らずコアトレの方にも取り組むようにしている。
繁忙期ピーク終了までいまひとつの辛抱。

この繁忙期を越えたら、またマイペースで楽しみながら続けていきたい。