日焼け止めを塗るのは夏だけ

日焼け止めを塗るのか塗らないのかの議論は昔から長くされてきましたが、結論から言うと日焼け止めは季節問わず塗ったほうが肌に良いという事になります。昔と比べると現代は紫外線量が非常に多くなっているため、以前はそこまで日焼け止めを塗る必要がなかったかもしれませんが、今ではかなり日焼け止めに対して関心が高まっています。夏の太陽が照り付ける日は特に紫外線量が多いのは確かですが、曇りの日や雨の日でも紫外線自体は降り注いでいますので、必ず日焼け止めは日々の日課に出来ると良いと思います。

http://www.eurostarsmitre.com/

塗り方としては、もったいないからと言って少なすぎると紫外線をカバーでききれない事があるため、全体にまんべんなく濡れる量は必ず取りましょう。一日に一度塗っただけでは効果が生活をしている内に落ちてしまうので、何度かに分けて塗り直しを行うとさらに効果的です。日焼け止めを塗った日には必ずその日の汚れはその日の内に落とすようにしましょう。通常の洗顔だけでは日焼け止めを落としきる事はなかなかできない為、しっかりとクレンジングを使って日々落とすようにしましょう。日焼け止めを落とすのを忘れてしまうと肌荒れの大きな原因となってしまいますので、せっかく肌をキレイにするために塗る日焼け止めなので、その効果を無駄にしないようにしていけると良いと思います。