ニキビもその跡も、もうくされ縁

ニキビが目立ちはじめたのは中学生二年生の頃です。それから15年、頬を中心に広がった思春期ニキビは、高校時代にも収まることなくデコ、アゴ、ときに鼻の頭…耳の前(鬢ですね)と思い思いに発生し続けました。

無知で堪え性のない田舎の少女だったので、よく触り、周りの皮膚を押して中を出したりもしました。見事なクレーターができ、今も残っています。

効果なし?モイスポイントを3ヶ月使用した私の口コミ&評価が衝撃的?

後悔しかありません。母親がまた、そういうものに対する知識も希薄で、有効なアドバイスもない、むしろ「押せばいい」と進言されるような家庭環境。

とにかくコンプレックスで、何やら学生に手の届く範囲で洗顔料やら、ヘチマやら、塗り薬やら買ってはたいして効果もなく。

大学生になってからは、ファッションは自分なりにアレコレ着ることを楽しみはしましたが、不思議なほど化粧には消極的でした。ニキビ跡、赤み等は常に気にはなっていたのですが。奥手というか、化粧に対して妙に尻込みするヒネタ性格もありましたが。うまく隠すこともたいしてできず、ひたすら洗顔だけは自己流にして、鏡を見てため息をついていました。光線の具合でヒドク目立つ角度があるなー、飲み会で赤くなると鼻の下が赤くて恥ずかしいなー、とか思いつつ。

有効な化粧方法等も、今ほどネットで手軽に情報が手に入る時代でもなかったと思います。それでももう少し気の利いた娘だったなら、それなりに化粧でごまかしたのでしょうが。

結婚出産経て、その間の長い時間、減りはしても吹き出物はまだあります。クレーターは少しずつ薄くなり、でも、やはりなめらかなツルンとした頬には今もとても憧れます。

もし10代の自分に声をかけられるなら、「イジるな、逆効果だし、我慢していればいずれ落ち着く。いらん手出しをしなければ、5年後、美肌までは無理でも、そこそこのスベスベ肌は維持できる」と。