ニキビ肌に悩まされていた過去

ニキビに悩む方は多いと思います。私も20代半ばから30代にかけてニキビに悩まされていました。

FACEEリキッドセラムプラスの効果と口コミ評価!販売店での市販状況などもご報告!

もともとは肌は健康で卵肌なんて言われていたのに、その頃からニキビが出現しはじめ、特に口の周りにできるニキビは大きくて目立ちました。

しかも白ニキビを無理やり潰すと血と膿が出て周囲まで内出血し、小さなあざのように色素が沈着してまい、治るのにやたら時間がかかり、コンシーラーで隠す羽目になりやらなきゃよかったと毎回後悔の嵐。それなのに白ニキビができると潰さずにはいられないのは一体なんでなのでしょうか。。

とにかく嫌だったので市販のニキビ薬を試したり、皮膚科にいって塗り薬と頓服薬を頂いたりして何とか治そうと試みましたがなかなか出たり治ったりの繰り返しで、改善されませんでした。ある時、皮膚科の先生も毎回同じものを出してくださるので、改善されないのはどうしてなのか訪ねてみました。

先生は、なんでだろうね、食生活かな・・・とおっしゃいました。うすうす気づいてはいましたが認めたくないところでした。私にとっては何より改善が難しい部分だったのです。料理があまり好きではいので、スーパーに売っているお惣菜で済ませていました。悪いことに一人暮らしをしていたこともあり、食べたいものは何でも食べるという偏った食生活をやめられなかったのです。

その状態は数年続きました。そのうち一人暮らしをやめ、姉と二人で暮らすようになって半ば強制的に料理を作るようになり、少しづつ改善されたと思います。でもそれよりも不思議なことに、結婚と同時にピルを飲み始めてから劇的に変化しました。一切ニキビができなくなったのです。

確かに説明にもホルモンの関係でニキビが改善されるとありました。とてもうれしくて心躍ったのを覚えています。しかし、ピルを飲み始めてから生理が来るはずの時期を無理やり調整するせいなのか、薬の副作用なのか、毎月頭痛が起こり始めました。それも薬を飲んでも抑えられない起きていられないほどの激痛で、あまりにもつらかったので途中で断念してしまいました。

そこでニキビ生活がまた始まるのかと不安になっていましたが、なぜか今もほとんどニキビは出なくなりました。今は結婚したこともあり食生活はバランスをとっていますのでそれも良い具合に影響しているのかなとも思います。ただ、背中のニキビは全く改善されず、今も奮闘中です。